イメージ:代表取締役社長 野田 励
代表取締役社長 野田 励

2018年12月より株式会社ノダの第6代目代表取締役社長に
就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。


  

木と共に歩んできた100年を超える歴史

弊社は1902年(明治35年)に野田材木店として創業いたしました。当時の社名の通り創業時は材木店としてスタートし、製材・製罐業を経て昭和初期に合板事業に進出。輸出が中心だった合板事業を時代の変化と共に国内向けに転換し、さらにプリント合板など合板を加工した製品を展開。 並行して木質繊維板事業(ハードボード・MDF)を立ち上げ現在の木質素材事業の礎を築きました。その後自社で製造する木質素材を活用して時代のニーズを捉えた加工製品を建材分野向け中心に上梓し、現在の住宅向け木質建材事業へと辿りつきました。このように弊社の歩んできた道のりには常に木材との深い関わりがありました。

限りある木材資源を最大限に有効活用する

これまでの歩みの中で国産の木材だけではなく外材まで多様な木材を取り扱ってまいりました。一方で、これまで無限にあると思っていた木材資源が有限であるという当たり前のことに気づかされます。弊社の事業は木材なくしては成り立ちません。最大限に有効活用する術を模索し、現在では弊社内に限らず様々な木材加工現場で発生する端材や建築解体材を木質繊維板の原材料として活用し、どうしても原材料として使用出来ないものだけを工場内でのエネルギー原料として使用することで無駄なく木材を利用する体制を構築しています。
また、日本国内では伐採適齢期を迎えた木材が活用の場が足りないために放置され森林が活力を失っています。私達は国産木材の活用に積極的に取組むと共に、伐採後の植林が推進され健全な森林の循環が実現するお手伝いをしてまいります。

木材の魅力を引き出し社会に貢献する

私達日本人は木に囲まれて育ち、木が大好きです。弊社は人々の生活の根幹をなす住宅という分野において木材の魅力・特性を活かした製品を開発することで、皆様の「安心・安全な住まい」と「豊かな暮らし」の実現にお役に立てるよう精一杯取り組んでまいります。
日常生活で現在のお住まいに常に最大の関心を持つことはおそらくないと思います。しかし、自然災害から皆様をお守りする強度の実現、ご自宅内でのちょっとした事故を防ぐバリアフリー化をご提案し、また多様なインテリアスタイルのニーズにお応え出来るメーカーとして皆様の生活に寄り添っていきたいと考えております。

感謝の気持ちを大切に

恥ずかしながらこれまでの弊社の歴史には多くの困難もありました。しかしそういった時もお客様や仕入先様、また協力業者様などのお取引先、そして社員と家族の皆様のおかげで乗り越えることが出来、現在に至っております。弊社に関わる全ての方への感謝の気持ちを胸に、これからも社会に貢献できる企業であり続けるよう努めてまいります。

ホームへ戻る