会社沿革

1902年に野田材木店として産声を上げた当社は以後、製材所、合板メーカーと業容を変え、建材メーカーとして 現在に至っています。
この間、「誠実」をモットーに、時代のニーズを的確に捉え、お客様のご要望にお応えすることで、数々の画期的な 新製品を世に送り出してきました。
今や業界で当たり前になっている、ホルムアルデヒドの低減化、再生素材である中質繊維板MDFの住宅建材への利用、 内装建材のトータルコーディネート化。
これら先駆的な開発は、創業から今日に至るまで経営資源を本業に集中することで、社会に貢献するという姿勢を貫いてきたことの結実であり、今後も企業文化として継承していきたいと、私たちは考えています。

1902年(明治35年) 野田材木店として創業
1921年(大正10年) 野田製材所に商号変更し、製材工場を建設
1934年(昭和9年) 合板製造に業容を全面転換
1938年(昭和13年) 株式会社野田製材所に改組
1942年(昭和17年) 野田合板株式会社に商号変更
1952年(昭和27年) 米国向けドアースキン用合板の本格輸出開始
1960年(昭和35年) プリント合板の生産を開始
1963年(昭和38年) 日本初の乾式法によるハードボード工場を建設
1964年(昭和39年) ハードボード外壁材・ノダサイディングを開発
1972年(昭和47年) 低ホルムアルデヒド合板を開発
1980年(昭和55年) 外装下地材・ノダラスカットが発明功労賞を受賞
1984年(昭和59年) 清水事業所内にMDF工場を建設
トータルコーディネートシステム・ノダハウスキットを開発
1987年(昭和62年) 「株式会社ナフィックス」を子会社化
子会社「株式会社高山木工」を設立
1988年(昭和63年) 子会社「アドン株式会社」を設立
1989年(平成元年) 株式会社ノダに商号変更
1990年(平成2年) 合弁会社「スラインダー社(PT. SURA INDAH WOOD INDUSTRIES)」を設立
MDFの輸入販売を開始
1991年(平成 3年) 無垢製品のスラインダー・シリーズを開発
1995年(平成7年) 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1999年(平成11年) 木造住宅合理化工法・P&C-MJシステムを開発し発売
2001年(平成13年) 建材製造本部でISO9001認証取得
2002年(平成14年) 繊維板事業部でISO9001認証取得
2003年(平成15年) 「石巻合板工業株式会社」を子会社化
富士川事業所でISO14001認証取得
2006年(平成18年) 清水事業所でISO14001認証取得
2007年(平成19年) トータルコーディネートシステム・ノダハウスキットアトリアを開発し販売
2009年(平成21年) 子会社「株式会社高山木工」は、子会社「アドン株式会社」を吸収合併し、
商号を「アドン株式会社」に変更
2010年(平成22年) 森林認証FSC®-CoC認証、PEFC-CoC認証を取得
2014年(平成26年) 内装建材シリーズビノイエを開発し販売
2015年(平成27年) 富士川事業所内に合板工場を建設
ホームへ戻る