床材の選び方 -性能で選ぶ-

毎日のくらしでふれあう時間の多い床材。
快適なくらしのために、部屋に合った性能、くらしにあった性能を持った床材をお選びください。

trigger

お手入れがカンタン!

家具を移動して、ワックスをかけて乾かして、元の位置に家具を戻してと・・・ワックスがけは本当に大変です。
ワックスがけなしでも、汚れやキズがつきにくい床材を選べば、日頃のお手入れのみは乾拭きで充分です。
さらに水や汚れが染み込みにくい床材を選べば、食べこぼしもきれいに拭き取れます。

おすすめの性能

  • ワックス不要
  • 耐汚れ

おすすめの床材

キズがつきにくい

へこみキズやすりキズに強い床材を使用すれば、食器落としたり、キャスターつきのイスや家具を使用してもキズがつきにくくなります。
リビング、ダイニング、子供部屋などの過ごす時間の長いお部屋におすすめです。
※まったくキズがつかないというわけではありません。弊社一般フロアに比べてキズがつきにくい床材です。

おすすめの性能

  • へこみキズがつきにくい
  • すりキズがつきにくい

おすすめの床材

安心・安全なくらしのために

転倒による骨折により、介護が必要になる方が増えています。
表面のすべりにくい塗装で転倒を防止、さらに特殊クッション層で万が一の転倒してもケガをしにくい機能を持つ床材がおすすめです。

おすすめの性能

  • すべりにくい
  • 衝撃吸収性能

おすすめの床材

ペットとのくらしに

ペットの快適な歩行に配慮し、すべりにくい塗装の床材を。
また、耐アンモニア性能でペットの粗相によるふん尿に対する汚れ、よだれによる床面の変 色・つやの変化を抑えます。。

おすすめの性能

  • すべりにくい
  • ペット対応【汚れ】
  • 耐アンモニア性能

おすすめの床材

車イスのご使用には

車イスを使用してもキズがつきにくい床材です。
※ 屋外からご使用になった車イスを乗り入れた際、付着した土砂のため床表面にキズがつくことがあります。付着した土砂はよく取り除いてください。

おすすめの性能

  • 耐車イス

おすすめの床材

洗面・トイレには

水に強く、洗面・脱衣所にも使用できます。
※トイレ、サニタリーに使用される場合は、かん合部と壁際、配管まわりのフロアの木口面にシーリング処理をしてください。

おすすめの性能

  • トイレ対応

おすすめの床材

生活音に配慮

マンションなどの集合住宅では特に生活音への配慮が必要になってきます。
防音性能のある床材を使用することで、食器を落としたり、スリッパで部屋を歩く音など生活音を抑えることが可能です。

おすすめの性能

  • 防音

おすすめの床材

床暖房に対応!

寒い季節を快適に過ごすため、足元から暖まる床暖房の設置をおすすめします。
床暖房の熱に強く、ひび割れやそりが出にくい床材をお選びください。
※温水式のみに対応しています。

おすすめの性能

  • 床暖房対応

おすすめの床材

ホットカーペットに対応!

寒い季節は使われるご家庭も多いのが、電気カーペット。
電気カーペットの熱は、ひび割れやそり原因になります。
熱に強い床材を選びましょう。
※長期間のご使用や使用時間によってはひび割れやすき間が発生するおそれがあります。

おすすめの性能

  • 耐電気カーペット

おすすめの床材

床材の選び方

ホームへ戻る