構造用ハイベストウッド標準施工法資料

構造用ハイベストウッド 構造用MDF木造用耐力面材

特長

構造強度を高め、地震に強い住まいを

  • 土台、柱、横架材を、構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、 全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます。
  • 高構造用ハイベストウッドを張りつけた耐力壁は水平力に対して面材のせん断力で抵抗します。
  • 面材工法は、壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、バランスよく分散し、 軸組の接合部への力の集中を緩和します。
イラスト:従来の後方から面材を使用した工法へ

構造用ハイベストウッドと筋かいの比較

  構造用ハイベトウッド 筋かい
気密性等 すき間が少なく、外気を遮断できるため、気密性を高めやすいです すき間からの空気もれあり、気密性がよくありません
断熱材の施工 壁の中に筋かいがないため、断熱材を均一に取付けられ施工性も抜群です 筋かいと断熱材が干渉し、特にタスキ掛けの場合、断熱材を均一に取付けることが困難です
剛性 施工が容易で、施工精度が向上し、高い剛性を保てます 施工精度や性能の差がでやすく、精度が悪いと、特に筋かい両端部がガタつきやすく、剛性が低くなりがちです
方向性 あらゆる方向の力に対し均等に効き、面全体で受け止めるため、力が分散し、一部に負担がかかりにくくなります 圧縮方向、引張方向と強度の発現に方向性があります
粘り強さ 大量の釘が抵抗するため、大きな力がかかっても変形しづらく、粘り強くなります 大きな力がかかると、筋かいが折れたり、外れたりしやすくなります
イメージ イメージ:力を分散させ、壁面全体で受け止めます

力を分散させ、壁面全体で受け止めます

イメージ:引き抜けがおこります

引き抜けがおこります

イメージ:筋かいが折れてしまいます

筋かいが折れて
しまいます

驚異的な耐震性能を実物大住宅モデルで実証!

構造用ハイベストウッドを使用した実物大住宅モデルで、過去最大級の地震を再現した地震波を連続5回加振させ、耐震性能を検証しました。
倒壊しないだけでなく、木材や金物への損傷もない強固な構造躯体(P&C-MJ SYSTEM)であることが証明されました。

※再現した地震波は、JMA神戸、JMA川口、BCJ波、JMA神戸110%、JMA神戸の5回実施、震度6強~7、マグニチュード6.8~7.3以上

イメージ:(独)防災科学技術研究所(つくば市)にて連続5回 巨大地震波 加振後の実物大住宅モデル

(独)防災科学技術研究所(つくば市)にて連続5回 巨大地震波 加振後の実物大住宅モデル

通気工法の下地材として最適!住宅の耐久性を高めます

  • 通気工法は、外装材との間に適切な通気層を設けることで、内部結露により壁内に生じた湿気をすみやかに屋外に排出させるものです。
  • 構造用ハイベストウッドは、他の面材と比較して透湿抵抗が低く、壁内の湿気をスムーズに排出し、住宅の耐久性を高めます。また、長期間性能を維持させるためには、柱、木材を腐らせない為の壁体内結露対策が重要なポイントになります。
    構造用ハイベストウッドは、必ず外壁通気工法の下地としてご使用ください。
イメージ:構造用ハイベストウッド

壁内の湿気を排出して内部結露を防ぎます。

構造用ハイベストウッドは透湿抵抗が低く湿気を屋外に排出しやすい材料です。

透湿抵抗(m2hmmHg/g)

構造用
ハイベストウッド
構造用合板
広葉樹(ラワン)
JAS特類 9mm
構造用合板
針葉樹(ラーチ)
JAS特類 9mm
構造用パネル
OSB 9.5mm
JAS 4級
2.0 11.8 12.2 13.5

※JIS A1324「建築材料の透湿性試験方法」による。

高耐水、高耐久のMDFです

  • 構造用ハイベストウッドは、一般的な家具用、木工用のMDFとは異なり、構造用として作られた高耐水、高耐久のMDFです。
  • 他の木質材料と比較して水の吸い込みが少なく、吸水による寸法変化も小さい耐水性にすぐれた製品です。

水濡れ時の釘接合強度を比較(釘頭貫通試験)

面材を釘で接合する強さを比較するため、釘を打ち込み、反対側から釘を引き抜く試験(釘頭貫通試験)を行いました。 構造用ハイベストウッドは、24時間水に浸漬しても釘を接合する力は低下しませんでした。万一、施工中に水漏れが生じても釘一本一本を保持する力は低下しないことが分かります。

グラフ:釘貫通試験 乾燥状態と浸漬24時間後の比較

シロアリ・腐朽菌にもすぐれた抵抗力

防腐防蟻性能について

木材や他の木質材料に比べて腐朽菌に侵されにくく、シロアリによる食害も少ない高抵抗力を発揮しています。

耐蟻性試験後

イメージ:構造用ハイベストウッド

構造用
ハイベストウッド

イメージ:広葉樹合板

広葉樹合板

イメージ:OSB

OSB

食害による重量減少率(%)〈耐蟻性試験〉

構造用ハイベストウッド 9mm 構造用合板
広葉樹
特類 9mm
構造用パネル OSB 9.5mm JAS 4級
PAT タイプ JIS M タイプ
合格 ※1 4.0 11.9 45.4

※1 PATタイプは(社)日本木材保存協会の規格試験による。3.0%未満が合格。その他は京都大学への依頼試験データです。

※劣化対策等級 3等級対応はPタイプを使用し地面から1m以内の部分に防腐防蟻措置をするか防腐防蟻構造用ハイベストウッドPAT(JWPA認定品)をご使用ください。

耐朽性試験 重量減少率(%)

グラフ:耐朽性試験 重量減少率(%)

※京都大学に依頼しておこなった試験結果です。

※重量減少率が高いほど、腐朽菌に侵され劣化が進んでいます。

  • 構造用ハイベストウッドのPSPまたは、PATを使用し、外壁を通気工法として、下地である軸組等に規定の材料を用い地面から1m以内の高さ部分に防腐及び防蟻に有効な薬剤処理が行われている場合に等級3となります。
  •  [PSP]現場で薬剤処理等を行ってください。
  •  [PAT]工場で防腐防蟻処理を行った製品です。日本木材保存教会「優良保存材処理木材」として認定された製品です。
ホームへ戻る