ラスカットM標準施工法資料

ラスカットM 外装モルタル下地材
平成28年2月末生産終了

住まいの強度と防火、防水性、そして耐久性を高めるラスカットM

イメージ:ラスカットM

地震・台風に強く 地球にもやさしい

日本は世界でも有数の地震多発国です。地震は、ときには甚大な被害をもたらし、私たちの生活に大きな影響を与えます。ノダは1976年に「地震に強いラスカット」として発売以来、約30年。モルタル下地合板のトップメーカーとして、新たな市場を創ると共に、各地で発生する地震のたびにラスカット使用住宅の強靭さを確認してきました。
MDF基材のラスカットMは、「地震に強いラスカット」が評価されている強度、耐久性、施工性等さまざまな特長が構造用合板同等以上であること、また、MDFが木材資源のリサイクル商品であり、地球にやさしいエコ商品であることが大きな特長となっています。

製品仕様

全面に防水塗装が施されています。万が一雨漏りや、結露により裏面に水が回ってしまった場合でも安心です。

イラスト:製品仕様
ホームへ戻る